出  版 

2011年6月27日

出版

読者との連帯を通して、新しい知を創出する…CIMネットの出版活動

 

人の思想や活動に絶対を求めることはできません。
謙虚に相手の考えに傾聴し、議論をつくし、結論、融和へと至ることが大切です。

常に中庸を旨とし、対立構造の氷解に努め、知恵の創出を模索したい…
CIMネットではその取り組みの一端として、幅広い分野における出版活動を展開しています。

 

 

 

『ジュエル・ネット』

ジュエル-ネット

 

二宮英温 [著]

特定非営利法人CIMネット理事長 CIMネット [発行]
定価(本体1200円+税)

 本書は「ご縁物語」である。華巌経の鍵概念「縁成」に因み、『ジュエル・ネット―珠玉の網』とした。

人は縁に生かされ、新たな縁を紡ぐ。伊豆七島・利島沖で竜太が釣り上げた「もろこ」は103cm 21kg

思いめぐらせば彼はこの怪魚を家来にして昇天したのかもしれない。

※書籍の入手については、下記にお問い合わせください。折り返しこちらよりご連絡をさしあげます。

※電話・FAXでのお申し込みは
CIMネット
TEL: 03-6280-3811
(10:00~17:00)

FAX: 03-3553-0757

 

 

『未完の抄録』

 

二宮英温 [著]

特定非営利法人CIMネット 理事長 CIMネット [発行]
定価(本体1000円+税)

胃ろうは「在宅医療」を目指してきた。

「治す胃ろう」「寄り添う胃ろう」「看取る胃ろう」

いま、胃ろうの正しい適応が問われている。

「ご縁をつなぐ、人をつなぐ、組織をつなぐ」をモットーにNPO活動に邁進してきた著者が、32歳で喪った青年医師の子息への報告として綴った16年間の記録である。 (鈴木 裕 : 国際医療福祉大学病院 外科教授)」

※書籍の入手については、下記にお問い合わせください。折り返しこちらよりご連絡をさしあげます。

※電話・FAXでのお申し込みは
CIMネット
TEL: 03-6280-3811
(10:00~17:00)

FAX: 03-3553-0757

 

『若い医学徒への伝言』

若い医学徒への伝言

 

本間 日臣 [著]

財団法人喫煙科学研究財団理事長、日本肺癌学会名誉会長
PEG ドクターズネットワーク [発行]

ひたすら患者と向き合い医療のあるべき姿を模索追究、我が国の呼吸器病学を牽引し、後進を育てた孤高の医学者による著。慧眼と慈眼に貫かれた著者の文体は『テニヤンの末日』の芥川賞作家中山義秀をして、「医と文を両立させて森鴎外になれる資質」と言わしめた。医師に真の哲学が求められる昨今だが、知識の詰め込み教育だけで簡単に哲学が体得できるものではない。本書を味読すると、医徳兼備の博士の実相に触れて誰もが身の引き締まる思いになるに違いない。医療人のみならず読書人の座右の書として強くお勧めしたい一冊。

書籍の入手については

>> CIMネット出版部

※書籍の入手については、下記にお問い合わせください。折り返しこちらよりご連絡をさしあげます。

※電話・FAXでのお申し込みは
CIMネット
TEL: 03-6280-3811
(10:00~17:00)

FAX: 03-3553-0757

 

『リレー・エッセイ 医学の道』

医学の道

 

二宮 英温、図書新聞 [編]

NPO法人CIMネット代表理事
PEG ドクターズネットワーク [発行]

虎の門病院での呼吸器外来で最後の患者を診終わった直後、胸部動脈瘤破裂で急逝した本間日臣博士。本書は博士の遺志を継承せんとする思いから、図書新聞上に約1年半連載され、四十六氏による七十二編のリレーエッセイを収録したもの。戦後日本の呼吸器病学の歩みと共にあり、呼吸器病学の日本のレベルを国際的に高めた博士の人柄や業績、後進への指導力を賛える医学者、医療関係者、医学生、作家、編集者のエッセイを一読すると、博士こそ「医師にして哲学者たるは神に等しい」と言う医聖ヒポクラテスの言葉その人であったとの思いが一層強まるだろう。

書籍の入手については

>> CIMネット出版部

※書籍の入手については、下記にお問い合わせください。折り返しこちらよりご連絡をさしあげます。

※電話・FAXでのお申し込みは
CIMネット
TEL: 03-6280-3811
(10:00~17:00)

FAX: 03-3553-0757

 

『尊厳死問題の根幹を問う』

尊厳死問題の根幹を問う

 

大田満夫 [編]

日本尊厳死協会 副理事長、九州がんセンター 名誉院長、日本肺癌学会 名誉会長 CIMネット [発行]

CIMネット集中講座シリーズ第一弾は、臨床・研究の両面での優れた実績に加え、医療行政のあり方にも強い関心を持ち、発言をしている大田満夫先生が登壇。昨今、問題となっている「尊厳死」に関する論考と講演を元に編集を行いました。尊厳死問題に長い時間をかけて取り組んでこられた先生の知のエッセンスはもちろん、井形昭弘日本尊厳死協会理事長の講演録、故本間日臣博士の随想も併載。巻末では尊厳死法制化を考える議員連盟総会がまとめた「法律案要綱(案)」を紹介するなど、尊厳死問題というテーマを議論し深く考える上で最適の内容となっています。

書籍の入手については

>> CIMネット出版部

※書籍の入手については、下記にお問い合わせください。折り返しこちらよりご連絡をさしあげます。

※電話・FAXでのお申し込みは
CIMネット
TEL: 03-6280-3811
(10:00~17:00)

FAX: 03-3553-0757

 

 

『高齢者の医学と尊厳死』

高齢者の医学と尊厳死

 

太田満夫 [著]

日本尊厳死協会 副理事長、九州がんセンター 名誉院長、日本肺癌学会 名誉会長 PEG ドクターズネットワーク [発行]

九州大学助教授時代から九州がんセンターで患者と共にあり、予後のはかばかしくない肺癌の治療を通して、生と死、人生の生き方を考えるようになったという著者。日本人の価値観や医療を巡る状況の大きな変化の中、患者さんの声に耳を傾け、生き甲斐を充たし、満足感を抱いて死に至るように支援することが医療人の使命と捉える。「健やかに老い、満たされた安らかさのなかで死を迎えたい」と願うすべての人々に送る、「人生におけるもっとも大事な一刻一刻」を考えるための書。

書籍の入手については

>> CIMネット出版部

※書籍の入手については、下記にお問い合わせください。折り返しこちらよりご連絡をさしあげます。

※電話・FAXでのお申し込みは
CIMネット
TEL: 03-6280-3811
(10:00~17:00)

FAX: 03-3553-0757

 

『周防人月性~謹んで申す』

book_gessyo

 

秋田 博 [著]

CIMネット [発行]

幕末から明治維新にかけ、いわゆる近代日本史上のはしりに幾多の傑物を輩出した私たちの郷土・周防。その中にあって「月性」の名は誰もが耳にして育ったと思うが、正しい人物像を私たちは知らないのではないか。月性が錫(しゃく)を飛ばして訪ね歩いた人物群は、その時代、その後の日本にとってかけがえのないキーパーソンたちでした。著者は、郷土人として今の日本の現状を見るとき、どうしても月性を借りて、この国のあり方現状と将来に警鐘を鳴らしたいと考えて書かれました。

書籍の入手については

>> CIMネット出版部

※書籍の入手については、下記にお問い合わせください。折り返しこちらよりご連絡をさしあげます。

※電話・FAXでのお申し込みは
CIMネット
TEL: 03-6280-3811
(10:00~17:00)

FAX: 03-3553-0757

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です